出会い系 無料 攻略法

サイトマップ
出会い系サイトの歩き方

安心で無料の出会い系サイトを紹介しております。

トップページ > 出会い系サイト利用の心構え
このホームページについて トップページを表示 管理人のこと 出会い系について サイト利用の心構え 出会い系の楽しみ方 サクラの見分け方講座 無料のサイトについて プロフィールで差をつけよう フリーメールを取得しよう まずは、返信をもらおう 恋愛指南 メールの送り方講座 デートに誘うタイミング キスのタイミング Q & A 本当に出会えるの? 架空請求はない? お悩み相談室(仮) サイトを探す オススメ無料系サイト 定額系サイト まじめ系サイト 運営者情報 運営者情報 会社概要 利用規約 免責事項 サイトマップ 用語集 お客様の声 お問い合わせ&相談フォーム

カテゴリ別

ナオキ的恋愛コラム 今日の一言 出会い系サイトあれこれ サイト更新日:15年07月31日

出会い系サイト利用の心構え

出会い系サイトといっても、それはコミュニティサイトです。
やはり、心構えは必要ですね。

なんとなく僕が気付いたことを、箇条書きにしてみます。

■ 1.プロフィールに気を配るべし。

特に、無料の出会い系サイトでは、簡単に登録してもらうために自動でプロフィールをつけてくれちゃう機能があったりしますね。

初期設定だと、
「会社員」で、年収は「300~400」、ひとことには「はじめまして」

なんて書いてあったりしますね。

でもこのプロフィール、女性から見たら、なんの味気もないというか、何が何だかよくわからないプロフィールとなってしまっています。

プロフィールで差をつけようにも書きましたが、
お互いに、見知らぬ人と会うわけですから、会う前の情報は、多いほうが良いに決まってます。

なるべくプロフィールは充実させましょう。

■ 2.出会い系サイトとは言えど、相手は女性。礼儀は大切に。

出会い系サイトに登録した瞬間に、
風俗に迷い込んでしまったのでは?
と思ってしまう程、
下ネタメールを送りまくってしまう人を、たまに見かけます。
いくら出会い系サイトとは言え、一発目のメッセージが、

「セックスしよう?」

とか、

「スリーサイズおしえて」

では、さすがに、どんな女性でも引きますよね。
逆に、こんなメールに返信してくれる子なら、サクラの可能性が極めて高いですね。
そこまで、都合の良い女の人は、なかなか居ません。

サクラとメールをして、無駄にポイントを消費してしまうくらいなら、初めから風俗に行った方が安上がりですしね。

相手は生身の女性です。コミュニケーションを大切にしましょう。

■ 3.メールの返信がこなくても、へこたれない。

正直、出会い系サイトのメールの仕方は、
下手な鉄砲、数打ちゃ当たる。
です。
もちろん、返信率をあげるためのテクニックはいくらでも存在しますが、(このサイトでも、いくつかご紹介しています)

メール慣れしていない、はじめのうちは、10人に送信して、一人から返信があれば良い方でしょう。

女の子のアカウントには、登録しているだけで、毎日数十通のメールが届きますので・・・。(出会い系に登録していた女の子談)

「セックスしよう!」や「スリーサイズおしえて」等のメールでは、さすがに話になりませんが、

10人に送って3人から返信を貰う方法は、やはり存在します。

あとは、慣れも大きな要素ですね。メールに慣れている人というのは、知らず知らずのうちに、返信率があがるようなテクニックをつかっていたりするものです。

■ 4.登録するサイトは、基本的に、「多ければ多いほど良い」

これは、簡単で、
要は「女の子と出会える可能性。あげれるならをとにかく上げるべし!」っていう話なんです。

学生時代に、出会いを増やすために、サークルをかけもちしたぜ!という経験を持つ方は多いと思います。
または、出会いを増やすために、バイトを増やした・・・という人もいると思います。

多くの出会い系サイトに登録する!という行為も、同じ効果が期待できます。

Aサイトに登録している子、Bサイトに登録している子。
サイトによっていろいろな特徴があります。
なるべくなら多くのサイトに登録して、少しでも出会える可能性を上げて頂きたいと、僕は思います。
ちなみに、僕のお勧めするサイトは「イチオシ無料系サイトの紹介」に明記しておきましたので、よろしければ参考にしてみて下さい。


関連記事
出会い系サイトの楽しみ方
プロフィールで差をつけよう
メールの送り方講座
イチオシ無料系サイトの紹介





Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
↑この数字が増えてると、ナオキめちゃくちゃモチベーションがあがります!(ToT)





日時:2008年10月11日 17:48

« ファーストインプレッションは大事。| ホームページTOPへ |とりあえず、「やってみる」ということ。 »